Amazonウイジェット

最近のトラックバック

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の投稿

山桜

山桜
寒いところほど早く咲く傾向にあるようで山桜は満開です。

園の桜

園の桜
満開が近付きました。

土筆

土筆
あっと言うまに畑の畦につくしが。

梅
樹の実園の梅園に小梅がなりました。

スミレ

スミレ
好きな花です。

花桃

花桃

満開になると、とてもゴージャス!

アケビのはな

アケビのはな
だと思う。でも、「ムベ」の方かもしれない。

なのはなの里武蔵マラソン大会

今年で最後となるこの大会、10kmでDebutした大会でもあり思い入れは多少深いものがあった。

今年は菜の花も散ることなく咲き誇っており文字通りなのはなの里健康マラソン大会となりました。昨日の雨も朝にはあがり、風は強いものの徐々に晴れ間が出て、暑い大会となりました。

07

記録は、ハーフマラソン40歳代男子3位!1時間22分49秒総合でも5位くらいで、40代になったらしめしめと思っていたのに、そう簡単に1位の座がやってきません。(--;) ちなみに1位はチームメイトの I 君で、2位と3位をぶっちぎってゴールしたそうです。2位、3位は40歳代4位が私とラスト3kmくらいまでバトっていた方(39歳以下)そして私の順番。

最初5kmは、20分35秒登で、強風の向かい風4分/kmをほぼ維持できているので自分の入りとしては合格です。

10km地点は、39分56秒(ラップ19分21秒)第一折り返しを過ぎてから下りの追い風になるのでこのタイム。

15km地点、1時間12秒(ラップ20分16秒)第二折り返しまで上り向かい風で、折り返してから下りで追い風で取り戻す。

ゴール!1時間22分49秒欲を言えば、登でもう少し我慢できていたらあと30秒くらいは縮められた鴨デス。(後の祭り) 賞状にゲストランナーの奥永美香さん(九電工)のサインをいただきとてもいい記念になりました。彼女のご両親は湯布院でしゃも料理と居酒屋を経営しておられるそうでちゃっかり宣伝もしていました。親思いのいい娘じゃ!店の名前は「ハンモック」だそうです。

Photo ぺんぺん草も風に揺られていました。

Photo_1 オオイヌノフグリもきれいな花です。(近寄ると。)

前日に駅伝部の花見があって飲み過ぎ、二日酔い状態でスタート直前まで気持ち悪かったのですが。不思議なものでよーいドンで、そんなことも忘れ走り出してしまう自分にあきれてしまいました。さて、来週は久々の佐賀遠征ラン。おそらく桜も見頃でしょう!楽しみ、楽しみ。o(^-^)o

樹の実園の桜

大分の開花宣言から遅れること1日、3月23日(金曜)咲きました!

月曜日にはもっと咲いているでしょう。

P1000028

調子悪い

 Vistaが発売されてから、うちのパソコンの調子が今ひとつ思わしくない。それまではさくさく動いていたのに、いきなり重くなったり、凝まっちゃったり。最近は特にひどくなってきた気がする。

マイクロソフト社から何かの信号が送られてきて、XPの調子を狂わしているのだろうか?

そうしておいて、買い換えを促しているのだろうか?でも、今はパソコンを買い換える余裕がないから無理だ!

ぼち走

 フルマラソン後一週間、ボチボチ走をしてきました。20kmを、2時間半かけました。サクランボの花はもう散り始めていました。菜の花の黄色が目に痛いくらいに咲き誇っています。

 走っていて田んぼが紫に染まっているので近寄ってみると、ホトケノザが群生していました。なだ、レンゲソウはちょっと早いもんね。スミレも所々で花を咲かせています立ち止まっては香りを楽しんでいました。ん~、ポエムじゃ~。

 きょうは、風がとても強く、後ろから吹く分には楽なのですが、前からだと押し戻されてしまいそうなくらいの強風でした。そんな中でも木々の新芽は芽吹き始めておりました。それに、きょうはめったに見かけないモズが風をよけて木に止まっていました。おそらく飛び立ちたくなかったのでしょうかなり近づいても逃げませんでした。鴨達はかなりの群れがすでに北に向けて出発したのか河口付近では数組の群れしか見かけませんでした。春分の頃までにはおそらく飛び立っていくことでしょう。

フルの疲れがまだ残っている感じで後半はかなりつらい状態でした。でも、この強風の中でしたから疲れて当然だったかもしれません。

 それと、今日は久しぶりに、自家用車の整備をしました。左前側クリアランスランプ交換(切れたままずっと走っていました。手を入れづらく電球を交換しにくいため、そのうちそのうちにと思っているうちに切れたまま数ヶ月経過していました。寒い時期でしたし…。)オルタネータベルト調整(最初は雨の日に、ベルトがスリップして、「キーキー」いっていたのですが、最近はライト点灯で負荷がかかったときにも音が出始めたので、エアクリーナーケースをとっぱずして、せまいところに手を突っ込んで、ベルトの張りを調整しました。めんどくさかった~。)ついでにエアコンベルトも調整しておきましたが、こちらは簡単でした。最後に室内、クーラーの操作パネルのバックライトが消えたままだったのでメーターパネルを外し電球を交換しようとしたところでパッと点灯、接触不良だったようです。

 整備し忘れたところ、「オートマチックトランスミッションポジションインジケーター」たぶん電球が切れているのだと思う。それとバッテリー液補充も忘れていた。

 最近の自動車は発光ダイオードを駆使してあるのでバルブ切れの心配がほとんどないようだが、私の軽自動車は、まもなく10万㎞発光ダイオードなんてほとんど使われていないでしょう。だから、整備する楽しみが時々出てくるのだけれども。後は、タイヤの摩耗具合が心配だけど、もう少しはいけるでしょう。タイヤ交換は自分でできないのでメーカーに依頼することになるのじゃが…。

実は…

 某国内一位の自動車メーカーの運営しているブログにも自分のブログを開いていた。

ところが…、

ちょっとだけ批判的なことを書き込んだら、削除されてしまった。おまけに、次からは投稿もできなくなってしまったので、ブログは廃止せざるをえなくなった。

その批判がまさに図星!だったのだろうが、批判を受け付けないようでは、メーカーとして進歩がないように思う。批判を受け入れて、その改善策を講じてこそ進歩するというものだ。このような状態が続くかぎり、国内一位の座を他のメーカーに譲り渡す日もそう遠くないことであろう。

その批判というのは、1400ccのエンジンで2500ccクラスの出力を自慢するよりも、2500ccのエンジンで、1400ccのエンジン並の低燃費のエンジンを作ったらどうかといったようなものでした。ちなみに、これは協力関係にある某ドイツ自動車メーカーの車のことです。

欲を言えば、速くて環境を汚さない次世代の車を早く作れということなのですが。いまだ、出力自慢を繰り返している…。

不思議

 去年参加した青島太平洋マラソンでは、35km過ぎて撃沈し、その後2ヶ月近くにわたって疲労感が体を襲った。「駅伝」というプレッシャーもあったと思うが、正直つらかった。

 ところが、先日あった岡の里名水マラソンでは、アップダウンの多いレースで30km過ぎ体が動かなくなってしまった。にもかかわらず、疲労感が、青島の疲労感と比べて明らかに違う。駅伝終了の開放感から楽しむレースと決め、ペースも山道を考えに入れずに突っ走った感じ、だから下りで足にきてしまった。

 なのに、記録はよいし、疲労感も少ない。ただ、駅伝の練習で足が鍛えられていたのだろう、足にきてからが全然違った。立ち止まることなく走れたのである。きっちりぺすかんりをしながら走った宮崎、アバウトに走った岡の里、気分次第でこんなにも違うのか、それとも疲労感に苦しんだ2ヶ月が力となって蓄えられたのか、不思議である。

岡の里名水マラソン大会完走記

 自己ベストでました。 3時間15分14秒

 当初タイツスタイルで走る予定でしたが、アップを少ししただけで汗が噴き出てきたので、こりゃいかん。と、ランパンを引っ張り出して着替えました。

スタート~5km:21分26秒 滑り出しとしては順調です。スタートしてからダムの周りを回って急坂を下り、平坦を少しいったところが5kmのポイントでした。1km毎の表示はありません。

5km~10km:21分43秒 ゆる~い登がずっと続きます。ここで給水。

10km~15km:21分46秒 ここから本番の登が第一折り返しまで続きます。所々勾配が急になっていて体力が徐々に奪われていきます。それでも落ちてくるランナーを一人、また一人とかわしてゆきます。

15km~20km:20分12秒 第一折り返しを折り返してからの下り、スピードを上げすぎないように慎重に下ってゆきました。ここでも給水。

20km~25km:23分39秒 再び登、足がつらくなってきました。距離練習をしていなかったからと反省しきり。

25km~30km:22分36秒 やっと第二折り返し、給水とスポンジ、このスポンジはどうなるんだろう?1回こっきりの使用ではもったいないような気がします。

30km~35km:24分36秒 ついに撃沈です。下りがつらくなってきました。50mくらい前にいるランナーの背中が徐々に小さくなってゆきます。コーラの自販機でコーラを飲む。

35km~40km:27分39秒 ここまで3時間3分41秒 最初に下った激坂登がつらかった。しかし、歩いて苛前のランナーを一人かわしました。先ほど飲んだコーラが効いてきた。タイムは悪いですが気持ちは復活!

40km~GOAL:11分34秒 ゴールまでにさらに3人のランナーをかわし、手元計測で、3時間15分15秒の自己ベスト!正式記録は1秒速い14秒で、スタートロスは1秒だったようです。

20 この大会は年代別が5歳刻みと細かく分けてくれているので、なんと、4位入賞でした。(^ヘ^)v 45歳以上50歳未満の部

温泉入浴券も昼食券と合わせてついていましたが、長湯温泉に入って、こちこちの足をもみほぐし、帰ってきました。

暖かな陽気で、ライラックも咲き、今日は暑かったな~などと余韻に浸りつつ帰宅しました。

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ