最近のトラックバック

ビデオ

« 岡の里名水マラソン大会完走記 | トップページ | 実は… »

不思議

 去年参加した青島太平洋マラソンでは、35km過ぎて撃沈し、その後2ヶ月近くにわたって疲労感が体を襲った。「駅伝」というプレッシャーもあったと思うが、正直つらかった。

 ところが、先日あった岡の里名水マラソンでは、アップダウンの多いレースで30km過ぎ体が動かなくなってしまった。にもかかわらず、疲労感が、青島の疲労感と比べて明らかに違う。駅伝終了の開放感から楽しむレースと決め、ペースも山道を考えに入れずに突っ走った感じ、だから下りで足にきてしまった。

 なのに、記録はよいし、疲労感も少ない。ただ、駅伝の練習で足が鍛えられていたのだろう、足にきてからが全然違った。立ち止まることなく走れたのである。きっちりぺすかんりをしながら走った宮崎、アバウトに走った岡の里、気分次第でこんなにも違うのか、それとも疲労感に苦しんだ2ヶ月が力となって蓄えられたのか、不思議である。

« 岡の里名水マラソン大会完走記 | トップページ | 実は… »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡の里名水マラソン大会完走記 | トップページ | 実は… »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ