Amazonウイジェット

最近のトラックバック

朝練 6km 5分6秒

朝練

最近、全く更新していなかったので、朝練の記録なとはこっちにあげていこうと思います。
距離 5.5キロ 5分10秒/km

ジョグ

久々の更新です。
昨日、今日と2日連続18km
ぎっくり腰以来だいぶ走れるようになってきましたが、キロ5分半〜6分半です。
足の方がかなりつらい状況ですが、そのうち筋力も戻って来ることを期待して今は我慢我慢。
Dscn1931
杵築市では、昨夜観月祭がありました。
写真は、有名な味噌屋さんの上の坂[酢屋の坂]
燈籠の明かりは女性を美しく演出してくれます。今年来れなかった皆さん来年は是非いらっしゃってください。

Dscn1965

代筆を頼んでみた。

「あったかしりとり」 (代筆:ブレスサーモマン)

君たちのなかには、「ネタは切れるものだ」ということを、ついつい忘れてしまっている人がいると思う。

しかし、それは間違いだ。ネタとは、実はかなり切れやすいのである。

「現代の若者はキレやすい」などと聞いたことがあるが、正直まるで比較にならない。断然ネタの方が切れやすいのだ。そういう切れやすいネタを相手にしている我々作家は、時々こうしてネタが切れていることを逆手にとって原稿を書くことがある。これを業界筋では「逆ギレ」と呼び、編集者を恐れさせているのである。

そういう訳で、今回は「あったかしりとり」で誤魔化そうと思っていたが、思いのほか字数が稼げたのでまたの機会にしよう。

DANONE BODY-ism Calcium Works

そう、モニターキャンペーンに当選しましたのでレポートなど書き綴ろうかと思います。
届いて、そのまま一口(常温です。)甘とろっとした感じ、無味無臭の水を想像していた自分としてはいささかショッキングな口当たりでした。軟水?とも思いました。
その後、冷蔵庫で冷やした状態+自分はジョギング1時間の後クールダウンを済ませ、シャワーを浴びた後での試飲。
いつものスポーツドリンク系と同じく一気に飲み干しました。レモンフレーバーもさわやかな香りでおいしく飲み干しました。
何もしていない時間帯にも飲んでみましたが、同じくさわやかに飲めました。
私は冷やした状態で飲むのがおすすめです。
甘みが気になる人もいるかもしれませんが、0calなのでうれしい!牛乳だとダイエットには脂質が気になりますが、これだと気にせずゴクゴク飲めるので私的には○だと思います。
また、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも配合されておりスポーツで体を動かす方々にはお勧めの1本です。



コネタマ参加中: 『DANONE BODY-ism Calcium Works』モニターキャンペーンスタート

障害がい者スポーツ大会

障害がい者
今日はビックアイ

障害者スポーツ大会・チャレンジおおいた大会

昨日よりチャレンジおおいた大会が始まっています。
昨日は樹の実園の利用者の皆さんと開会式を見てきました。

Kaikai1

開会式では、全国から集まったスポーツを愛する障がい者の皆さんを目の当たりにしてちょっと感動しました。

Kensensyudann

県選手団の入場では大きな拍手と歓声が九州石油ドームに響き渡り興奮しました。

大分大会のマスコット、めじろんダンスの様子。

Dansu

東京マラソン2007コースウォーク

東京マラソンのコースウォーク  なるものを見つけた。

おしくも抽選に外れた皆さん、ランナーの皆さんはコースの下見に、応援される方は絶好の応援ポイント探しに歩かれてみてはいかがでしょうか?

2006シティマラソン福岡

シティマラソン福岡2006に参加してきた。2004年にも参加してコースの様子はおおかたわかっている。フラットでくねくね曲がりくねるコース取り。

暑さ対策のためか早朝(8:30)スタート、私のような地方からの参加者は、前日にホテルに泊まらないと参加できない為ホテルを取り、朝ゆっくりしすぎてアップする時間が無くなってしまった。というか、美味しい博多ラーメンを食い過ぎて下痢をしてしまった為。(情けない)カーボローディングができたのかそれとも下痢でエネルギーの備蓄を一気に放出してしまったか。

ともかくスタートラインに着くことができた。FRUNメンバーの○○さん、すみません、ハンドルを失念してしまった。(耳も良くないので、聞き逃してしまったというのもあります。)はやしさんもみえたとのことでしたが私同様ギリギリの入りだったみたいです。

スタートはローリングスタート方式、歩いていってスタートラインを越えた時点でスタートとしてネットタイムを計測してくれます。今回は前回参加したときよりも前の方だったのでグロスとネットの差があまりありませんでした。

タイム1時間22′22″(ネット:1時間22′05″)スタート直後、後ろのランナーがドドット押しよせて、追い越してゆきました。アップができていなかったので、前半は様子見、3km地点までは4′30ペースで走った。その後、4′5″ペースにあげ10km地点を目指しました。10km地点からはたがを外し、スピードアップ!おかげさまで、ごぼう抜き状態がゴールするまで続きました。

400mリレーに出場しました。

短距離は苦手なのです。しかし、「ヤツは普段から走っているし、県内一周の選手きっと足が速いに違いない。」と、いうことで白羽の矢が立ってしまったようです。市民が集う市民体育大会には長距離の種目はない。なぜなら、長距離種目は時間がかかるし出場者も少ない。で、いきおい盛り上がるのは最終種目としての地区対抗400mリレー、「その日はこども陸上の審判のお手伝いがありますから…。」と、お茶を濁す形にしていたのであるが、敵も然る者、ちゃんと予定を調べて、しかも、私が断ることができない知人を通して動員をかけてきた。

1走:女性、2走:50代、3走:40代(私)、4走:30代、5走:20代 ? 多い。3走までは50mその後4走が100m、5走が150mだそうだ、内心ホッとする。50mなら差が付く前に終わるじゃろう。あとは怪我をしないようにすればよいだけである。

「パーン!」スタートした。思った通り差が付いてこない、しめしめ。ドワ~来た来た来た、アララ、ドーーッっと、と、と、ブワ~~ン、おーガンバレガンバレ~、ヤッター!バトンの受け渡しにとまどいましたが、2位でタスキ(もとい)(^.^)バトンを渡し、次の走者が1位、そのまま最終走者も逃げ切り優勝!50mなんてあっという間に走り終わりましたが、終わってみれば楽しかった。

こども陸上を見ての感想など、「親の足が速いと、子も速い!」恐るべし、遺伝。

私の同級生が子供の頃に出した、走り幅跳びの記録がいまだに破られていないのには驚いた。ヤツは今、地元の高校で学年主任をしている。(^_^)b

記録は年々じり貧(こどもの体力低下?)なのだそうだが、今回は市町村合併して新たな参加者も増えたため、大会新記録が7つも出ました。

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ